マーケティングPPM分析とは

企業の業績を伸ばすためには、どのようにマーケティングを行っていくかが重要になります。マーケティングには様々な手法があり、マーケティング手法としてよく利用されているのがPPM分析です。PPM分析という言葉は聞いたことがあるけれど、実際どのようなマーケティング手法なのか理解できていない方もいるかもしれません。この記事ではPPM分析がどういうものなのか、具体的に解説していきます。

PPM分析とは

#PPM分析は事業や製品を4つのタイプに分類する
PPM分析を行うためには、まず事業や製品を「問題児」「花形」「金のなる木」「負け犬」の4つのタイプに分類する必要があります。
問題児は、お金を生み出さないにも関わらず投資が必要な事業や、成長市場なのにも関わらずシェアで他社に大きく負けているような製品を分類するものです。ここに分類されるものは、何かしらの問題を抱え利益が出しにくい状態を表しています。しかし、積極的に投資を行いシェアを高めることができれば、花形や金のなる木など他のタイプになる可能性を秘めているので、どのように資金を振り分けるかが重要になります。

花形は成長市場で高いシェアを誇る製品や、大きな利益を生み出す可能性がある事業です。市場占有率、市場成長率が高くく、積極的に投資を続ければ安定して利益を出すことができるでしょう。ただし、競争率が激しい状態にもなっているため、他社に負けないために積極的な投資が必要になるでしょう。
金のなる木は、それほど投資を行わなくても安定して利益を出しやすい状態です。ここに分類される製品や事業は、市場成長率が低く競争率がそれほど激しくないためです。積極的な投資をしなくても利益を出せるため、ここで得られた利益を問題児や花形の事業に振り分けるのもよいかもしれません。

負け犬は市場占有率が低く、利益が出ない状態の製品や事業のことを指します。市場成長率も低いため投資は必要とされませんが、利益が出ず事業の成長も見込めないため、赤字化する前に事業を整理するなどの対策が必要になるでしょう。

#PPM分析を行う方法
実際PPM分析を行う時は、まず事業や製品を4つのタイプに分けるためのグラフを用意する必要があります。どのようなものでも構いませんが、パワーポイントフォーマットを使えば簡単にグラフを作成できます。グラフの左上に問題児、右上に花形、右下に金のなる木、左下に負け犬をポジショニングしてください。そこにそれぞれのタイプに分けた事業名や製品名を記していきます。グラフの縦軸は市場成長率、横軸はマーケットシェアを表します。事業名や製品名は規模を円の大きさで表し、適切なポジションに配置していきましょう。グラフが完成したら、それぞれの事業の配置や規模の大きさなどのバランスを見て戦略を練っていきます。

PPM分析でわかること

#自社の立ち位置を見極めることができる
PPM分析を行うことで、自社の立ち位置を具体的に把握することができます。どの事業が市場成長率が高い位置にあるのか、またどの程度の市場占有率なのかを可視化することが可能なため、競合他社との立ち位置も見極めやすくなるでしょう。これによって経営資源をどの事業に分配するべきなのか、優先順位をつけやすくなります。また、どの事業に力を入れるべきなのか、撤退したほうがよい事業なども分かるため、経営判断をする時にもPPM分析が役立ちます。

#赤字事業に投資すべきかどうかが分かりやすくなる
行っている事業の中に赤字のものがあった場合、そのまま続けるか撤退するか迷うこともあるでしょう。そういう時にもPPM分析が役立ちます。PPM分析において赤字になり得る事業は、問題児と負け犬に分類されます。どちらも同じ赤字事業ですが、市場成長率に違いがあります。問題児は市場成長率が高いため、まだまだ成長見込みがある事業です。一方負け犬は市場成長率が低く、将来性にそれほど期待できない事業ということになります。PPM分析を行うことで将来の利益のために投資を行うべき赤字事業、衰退する可能性が高く撤退すべき赤字事業を見極めやすくなるでしょう。

PPM分析のフレームワーク例

#日用品を製造する企業のフレームワーク例
ハンドソープや台所用洗剤などの日用品を製造する企業のフレームワーク例を紹介します。PPM分析を行った結果、問題児にハンドソープなどのヒューマンヘルスケア用品を行う事業、花形にシャンプーなどのビューティケア用品、金のなる木に合成洗剤などのケミカル用品、負け犬に台所用洗剤などのホームケア用品が分類されたとします。この結果からビューティケア用品とケミカル用品を製造する事業が、利益を上げていることが分かります。花形のビューティケア用品の事業には継続的な投資を行い、金のなる木のケミカル用品は投資を抑えて利益をビューティケア用品の投資に使うなどの戦略が立てられるでしょう。

#電機メーカーのフレームワーク例
スマートフォン事業やキッチン家電の製造を行う電機メーカーの例を見てみましょう。問題児にヘアケア事業、花形にスマートフォン事業、金のなる木に洗濯機事業、負け犬にキッチン家電というPPM分析の結果が出たとしましょう。この結果から、花形であるスマートフォン事業には投資を行い事業を拡大する、将来性のないキッチン家電は撤退し、成長見込みのあるヘアケア事業は投資を行いつつ状況を判断しながら撤退を考えるなどの戦略が立てられるでしょう。

PPM分析をうまく活用して経営戦略に役立てよう

PPM分析は市場における自社の立ち位置を把握したり、行っている事業をどう展開すべきか戦略を立てたりする時に役立つものです。様々な企業で行われているマーケティング手法で、PPM分析を行った結果業績が伸びたという事例も多くあります。様々な事業を行っていて経営戦略をうまく立てられないと悩んでいる方は、PPM分析を役立ててみてはどうでしょうか。

お電話でのお問い合わせ(法人さま向け)03-6717-2895