マーケティングリサーチ⽤語集

あ⾏

アクセス解析
Web サイトにアクセスしてきたユーザーが「どこから来たのか」「どのページを⾒たのか」「サイト内でどう⾏動したのか」等、様々な⾏動をアクセスログデータから分析すること。
アドホック調査
単発調査。調査設計・調査票の設計・対象者の抽出・実査・集計・分析のすべてが1 回限りで完結し、そのときごとにオーダー・メイドで⾏われる調査。
オープン型調査
⾃社サイトやバナー広告で回答者を広く募集し、回答してもらう⽅法。誰でも⾃主的に回答できる。

か⾏

回収率
調査結果の回答数が調査対象者に対して、どのくらい回収できたかの割合のこと。
クローズ型調査
リサーチ会社に登録している調査モニタや、⾃社の顧客リストに対して⾏う、⾮公開型調査のこと。

さ⾏

座談会
何⼈かが集まって、特定のテーマや問題を中⼼にそれぞれ⾃由な意⾒や感想を発⾔し、話し合う集会のこと。グループインタビューと⾔うこともある。
サンプリング
調査対象者全体の中から、⼀部の対象者を抽出すること。サンプリングを⾏い調査することをサンプル調査(標本調査)という。
⾃主調査
調査会社が市場分析や⾃社PR など、様々な⽬的で調査結果を活⽤するために、クライアントの依頼を受けずに⾃主的に調査を⾏うこと。
事前調査(スクリーニング調査)
スクリーニング調査・プレ調査ともいう。実際の調査を⾏う前に、⺟集団の中から、特定の条件に合致するサンプルを抽出するために⾏われる調査。
属性
年齢、性別、居住地、家族構成、職業など、調査対象者の特性データのこと。

た⾏

段階回答
スケール回答。評価や好みなどの強さの度合いを聞くために、段階を区切られた項⽬から⼀つだけを選んでもらう形式。選択肢の中央に「どちらともいえない」という項⽬を⼊れて、選択肢の数を奇数個にするのが⼀般的
単純集計
質問ごとに、それぞれの選択肢に何⼈が回答したのかを集計し、⽐率を計算したもの。
定性調査
グループインタビューなどの形式で⾔語情報を中⼼に収集して分析する調査⼿法。個⼈の意⾒の細かいニュアンスや、深層⼼理の情報を把握しやすい。
定量調査
選択肢回答形式のアンケート調査などで取得したデータを数値化して分析する⼿法。数値化された情報が元になるため、全体の構造や傾向が把握しやすい。
デモグラフィック・データ
年齢、性別、居住地、家族構成、職業など、⼈⼝統計学的なデータのこと。
トラッキング調査
追跡型調査。同⼀内容を⼀定期間繰り返し実施する調査の総称。新製品の浸透状況などを把握するために実施される。継続的に実施されることから、ベンチマーク調査ともいう。
度数分布
⼤きさや量などの範囲をいくつかの区間(例 10代〜20代、30代〜40代…など)に分けて、各区間に現れた個数(度数)を並べる(分布する)こと。

は⾏

パネル調査
調査対象者を⻑期間固定して継続的に調査を⾏うこと。同じ内容の調査回答が時間によってどのように変化していくかを分析する。
標本誤差
⺟集団全体を調べるのではなく、その⼀部分だけを無作為に調べることで⽣じる誤差のこと。抽出誤差。

ま⾏

マトリクス回答
縦軸と横軸の組み合わせで選択肢を⽤意して、単⼀もしくは複数回答で答えてもらう形式。複数商品の評価やイメージ⽐較などを聞く際に良く⽤いる。
無回答誤差
アンケートの回答を、調査対象者から得ることが出来ない場合に誤差が⽣じること。
無作為抽出
調査対象者を無作為(ランダム)に抽出すること。

ら⾏

ローデータ
集計の元となる調査の⽣の回答データ。通常、1 サンプル1 ⾏で表現され、回答者ひとりひとりがどの問いでどのように回答しているのかがわかる。