マーケティングリサーチとは

マーケティングリサーチとは



マーケティングリサーチとは企業が商品拡販やブランド価値の向上の戦略を立てる際に、戦略の構築や重要な意思決定をする上で、参考にする科学的な調査・分析を指します。
企業のマーケティング戦略において、様々な課題が発生いたします。例えば以下のような事柄です。



・自社商品はどんな人をターゲットにすべきか?
・自社の商品は競合他社の商品と比較してどんなメリット・デメリットがあるか?
・どんなキャンペーンを実施すべきか?実施したキャンペーンは有効であったか?
・商品改良をどのように進めていけば良いか?
・価格帯はどのくらいが良いのか?
etc…

このようにマーケティング戦略を立てる上で発生する課題を確かなデータを利用して解決を手助けすることは、企業の収益を上げるために非常に重要な役割を持っています。
近年市場規模(※現在約2100億円)が拡大しておりマーケティング戦略樹立の際に、マーケティングリサーチを重視している企業が増加しております。

マーケティングリサーチは、企業側のメリットだけでなく、企業がもつ課題をデータによって解決し、企業が「ユーザーが求める”より適正な価格”で”より必要とされる”商品」の開発や改良に導くことができます。
これによって企業の収益が上がるだけでなく、ユーザーの生活もより豊かになるはずです。
私達日本マーケティングリサーチ機構はマーケティングリサーチのプロフェッショナルとして、マーケティングリサーチをとおして日本国内全体をより豊かにすることが使命だと考えております。






マーケティングリサーチの目的


前項でも多少触れましたが、マーケティングリサーチの目的は、企業のマーケティング戦略樹立をデータを利用してサポートすることにあります。

つまり、
☑企業の課題の発見
☑企業の課題解決のサポート
をデータを利用して、実行していきます。

これにより企業は、より精度の高いマーケティング戦略を樹立できます。
またより短時間で、精度の高いPDCAを回せるようになることもマーケティングリサーチの重要な目的の1つと言えます。










調査種別


ではマーケティングリサーチにはどのような調査があるのでしょうか?
この項目では、主だった「パネル調査」「アドホック調査」についてご紹介をいたします。

パネル調査

パネル調査は、継続的な調査のことを指します。
同一の「調査対象者」「調査内容・項目」「調査人数」など調査設計を同一にして、継続して同じ調査を行い続ける調査になります。

アドホック調査

パネル調査に対して、単発的な調査のことを指します。
調査のたびに、「調査対象者」「調査内容・項目」「調査人数」などの調査設計をカスタマイズする調査のことを指します。
パネル調査ではユーザーの「行動や動向」を捉える調査に対して、アドホック調査はユーザーの「趣味嗜好や意識」を捉える目的で行われる調査となります。






調査の収集分析方法


主だった方式である「定量調査」と「定性調査」をご紹介いたします。

定量調査

定量調査とは、人数や割合など数字化して客観的に評価する調査方法のことを指します。
調査結果は、統計的に判断して利用することを目的とする調査になります。

定量調査の特徴と代表的調査方法

定量調査の代表的な調査方法は、アンケート調査です。
定量調査の特徴は、ターゲットユーザー層の大きな動向等を把握し、「何を選ぶのか?」「なにが求められているのか?」を調査することです。

定性調査

定性調査とは、企業側とユーザーが座談会式に対面して、ユーザーの考えやニーズを吸い上げる調査のことを指します。
直に企業とユーザーが顔を合わせることによって、ユーザーの深層心理を読み解くことができます。

定性調査の特徴と代表的調査方法

定性調査の代表的な調査方法は、グループインタビューです。
定性調査の特徴は、「ユーザーがなぜその商品を選択したのか?」をより深掘って把握することにあります。
定量調査が「数字や割合」で調査を行うのに対し、定性調査は「内容、理由」を調査するという大きな違いがあります。










主なマーケティングリサーチの手法


本項目では実際のマーケティングリサーチの手法をご紹介します。
マーケティングリサーチは、企業の課題に合わせて以下でご説明する様々な手法を使い分けて調査を実施いたします。

訪問面接調査

調査員が調査対象者のご自宅等(会社等)に訪問をして、聞き取りを行う調査のことです。
定量調査だけでなく、定性調査のようなより深い質問も可能となります。

訪問留置調査

調査員が調査対象者のご自宅等(会社等)に訪問をして、アンケート用紙をお渡しする調査のことです。
後日調査員がアンケート用紙を回収に伺う手法です。

パイロット調査、探索調査

市場調査の本調査に入る前に行う予備調査のことです。
この調査を行うことにより本調査の精度を上げることが目的です。
パイロット調査は、定性調査として行うことが一般的です。

オムニバス調査

ある1つの調査に対して、複数の調査依頼者(企業等)を募集して調査を実行することです。
※複数の業者で1つの調査を行う相乗り型の調査手法です。

郵送調査

調査対象者に、アンケート等を郵送して調査対象者から回答後返送してもらう調査方法です。

電話調査

調査対象者に電話をして、調査項目を聴取する調査方法です。
※調査員がアンケート等を記入します。

インターネット調査

インターネットでアンケート等を不特定多数に配信し回答をしてもらう調査方法です。
インターネット調査の特徴は、データベースに即して調査企画者にとって有効な調査対象者の絞り込みが容易な点がメリットです。

会場調査

用意してある会場に調査対象者を招待して、調査をする方法です。
新製品の細かい項目の聴取などに有効な方法です。

街頭調査(CLT)

調査員が街頭で調査対象者を選定して、調査をする方法です。

ホームユーステスト

新商品などを調査対象者の家庭で一定期間利用していただき、利用後にアンケート等でその評価を得る調査手法です。

FAX調査

FAXで調査対象者に調査票を送って、FAXや郵送で返送いただく調査手法です。

フィールド調査(※現地調査)

実際の販売現場で入手できる情報を収集する調査のことを言います。






マーケティングリサーチの流れ


1.お申込み
2.調査内容のヒアリング
 弊社担当者と貴社の調査したい項目をヒアリングさせていただきます。
3.調査内容の企画
 ヒアリングを元に的確な情報をお届けできるように調査票を設計、調査対象者の選定をいたします。
4.リサーチ
 弊社パネルと提携パネルを利用して貴社のニーズにあった調査を実施いたします。
5.調査結果のご納品
 貴社でデータ内容を読解しやすい形に集計して、ご納品をさせていただきます。









事例

マーケティングリサーチの事例をこちらに記載しております。
詳しくはこちら≫

お電話でのお問い合わせ(法人さま向け)03-6717-2895