FXについてのイメージ調査

FXについてのイメージ調査を実施致しました

調査概要

日本マーケティングリサーチ機構が、インターネットユーザーに対し、FXについてのイメージ調査を2018年8月期に実施し、その結果を発表致しました。
FXは、今後さらに需要が上がっていくと予想されます。本調査が皆様の参考になれば幸いです。

 

調査項目

FXトレーダーが選ぶ、利用しやすいFX自動売買
FXトレーダーが選ぶ、安心と信頼のFX会社
FXトレーダーが選ぶ、FXスマホ好感度

の観点でイメージ調査を実施しました。

■比較対象企業選定条件
競合選定条件:2018年7月25日23時時点 googleで『FX自動売買』で検索した際の広告・ポータルを除く上位9社
調査企画:日本マーケティング機構

 

調査結果

無作為に選出したインターネットユーザーに対し、FXについてのイメージ調査を実施した結果、

ひまわり証券が第1位になりました事を報告いたします。
以下に回答者の詳細を記載いたします。

 

【回答者詳細】

性別:男性,女性

年齢:22,23,26,29,30,31,35,36,37,38,39,40,48,49,50,51,52,53,54,55,56,57,58,59
,62,64,65,66,67,69,71,73,76

居住区:北海道,青森県,宮城県,秋田県,山形県,福島県,茨城県,栃木県,群馬県
,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,新潟県,富山県,石川県,長野県,岐阜県,静岡県
,愛知県,三重県,滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県,鳥取県,岡山県
,広島県,山口県,香川県,愛媛県,高知県,福岡県,長崎県,熊本県,大分県,鹿児島県,沖縄県

子供:未成年の子どもがいる,成人の子どもがいる,いない

金融商品:MMF・中期国債ファンド,MRF,国内株式,国外株式,投資信託,為替,個人向け国債,個人向け社債,日本国債,外貨預金,外貨MMF,FX,純金積み立て,先物取引

どれに該当するか:FX経験者

職業:会社経営者・役員・団体役員,会社員・団体職員(正社員、教員),会社員・団体職員(派遣・契約社員),自営業・個人事業主・フリーランス,自由業(開業医・弁護士事務所経営など),公務員,学生,主婦・主夫(専業),パート・アルバイト・フリーター,無職・休職中・求職中,年金生活,その他(具体的に

家族構成:1人暮らし,2人暮らし,3人暮らし,4人暮らし,5人以上

年収:200万円未満,200万円~400万円未満,400万円~600万円未満,600万円~800万円未満,800万円~1,000万円未満,1,000万円~1,500万円未満,1,500万円~2,000万円未満
,2,000万円以上,わからない

社会人経験:~5年未満,5年~10年未満,10年~15年未満,15年~20年未満,20年~25年未満,25年以上~

最終学歴:中学校,高等学校,短大・高専,専門学校,4年制大学,大学院,その他

家賃:自己所有,~10万円未満,10万円~20万円未満,30万円~40万円未満,40万円~50万円未満

備考:ブランド名のイメージ調査となります。/本ブランドの利用有無は聴取しておりません。/得票数が同等数の競合回答あり/n数=231

※回答である「その他(自由回答含む)」を含んだ場合でも1位となります。
ただし、自由回答の中の「あてはまるものがない(該当なし、記載なし)」を除くものとする。

お電話でのお問い合わせ(法人さま向け)03-6717-2895